Home 働きと効果 スポーツパフォーマンス

オリゴノールと運動

プロアスリートや大学の運動選手がオリゴノールを使用することによって、パフォーマンスの向上や疲労の回復効果があることが分かってきました。また、アミノ酸などの素材との組み合わせによってその効果が飛躍的に高まる可能性があることも検討されています。

現在、オリゴノールの抗疲労効果についての研究は、帝京平成大学、杏林大学、中央大学、立命館大学、早稲田大学、札幌医科大学、 ソウル大学などで進められています。

運動パフォーマンスの向上や疲労感の軽減などの度合は、RPE測定やVAS法などの方法によって明らかになりつつあります。 これらの研究は抗疲労学会のガイドラインも参考にしております。

オリゴノールの抗疲労作用

杏林大学、帝京大学との共同研究で、オリゴノールの疲労改善効果の検討が行われました。

ボランティアの大学陸上選手47名(男子25名、女子22名)を、AとBの2グループに分けました。一方にはオリゴノールを、もう一方にはプラセボ(外見や味は同じだが、有効成分の入っていない偽薬)を、本人にはわからないように服用してもらいました。
さらに26日目からオリゴノールをプラセボと入れ替えて、52日目まで服用してもらいました。

期間中にアンケート調査を行ったところ、オリゴノールを服用したときに、疲労感や筋肉の痛みなどが顕著に改善していることがわかりました。

ドーピング検査の安全性について

[競技者向け使用禁止薬物検出なし]
ドー ピング検査機関であるアメリカの研究所に依頼し、興奮剤、麻薬関連物質、利尿薬、タンパク同化剤など世界アンチ・ドーピング機構で定められている170種類以上の物質(WADA:世界アンチドーピング機構指定物質)について確認テストが行われました。その結果、オリゴノールから使用禁止薬物は検出されませんでした。よって、オリゴノールは競技者も安心して使用できる食品であると言えます。
安全性についてより)


  • これらの研究は国内外において学会・論文で発表されています。

 
copyright(c)2008 Oligonol-net.com, all right reserved.