Home 働きと効果 血流改善

オリゴノールで血流改善

手足の冷え、肩こりなどは末梢の血液の流れが悪くなることによって起きると考えられています。その原因はストレス、ホルモン異常、血栓症、高血糖、動脈硬化などさまざまですが、最近では女性だけではなく男性でも冷え症に悩んでいる方が多くなってきています。

血管の拡張などには一酸化窒素(NO)が関係しているといわれていて、オリゴノールにはこの一酸化窒素(NO)を血管内でスムーズに働かせる作用があるかどうかの研究を行っています。
つくば技術大学と共同研究を行い、サーモグラフィーを用いて、オリゴノールを飲んだ際に手足、肩などの体表温度が上昇することが確認されました。

また、血流に関係するといわれているアミノ酸などと併用させることによる相乗効果についても研究が進められています。

抗酸化力(サビ止め)をもつオリゴノール

ポリフェノール自体には強力な「抗酸化力」があり、余分な活性酸素を除去させ、生活習慣病や老化の予防のためにはたらくことが知られています。そこで吸収性の高いオリゴノールを摂取することで、血液中の酸化物質の生成を抑制したりすることが期待されています。

  • これらの研究は、国内外において学会・論文で発表されています。

 

【豆知識】 カラダもサビる

血液の流れが悪くなると、冷え症や肩こり・むくみ・めまいなどを引き起こしやすくなります。そもそもの原因は、過剰な活性酸素によります。

過剰な活性酸素は、強い酸化力(サビさせる力)を持ち、主にストレス・紫外線・食品添加物・喫煙・動脈硬化・過度な運動や飲酒などによって起こるもので、これらは過酸化脂質を増加させたり、DNAやタンパク質を損傷させ、生活習慣病や老化の原因となります。

 
copyright(c)2008 Oligonol-net.com, all right reserved.